セフレのいる生活への憧れ

積極的

彼は、普段は会社勤めをしている28歳の男性で、付き合って数年になる彼女もいます。
仕事も特に問題なく続いていますし、生活に特に不満はないように思われていました。
実際、彼女もいますし生活も問題なく、何不自由ないような生活をしているように、周りからは思われていました。

しかし、彼自身はそんな生活に、すっかり飽きてきてしまっていたのです。
というのも、やはり毎日何の変化もないような生活がずっと続いていて、もっと刺激を得たいと考えるようになっていたのです。
彼女とも、定期的にホテルに行ってセックスをするようにはしていますが、それでもどこかマンネリを感じてしまうようになっていました。

彼女のことは好きだと思っていますし、大事にしたいとは思っているのですが、もっと別の刺激を求めるようになっていたのです。
そこで、彼女とはまったく別の女性と、もっとドライな割り切った関係を持ってみるようにしようと考えました。
彼は出会い系サイトを見てみて、軽そうな女性に声をかけて、セフレとして出会ってみることにしたのです。

出会い系サイトを使って地道にメールを送っていると、一人の20歳の女性から返信をもらうことができたのです。
地味な顔つきで、彼女にしたいとは思いませんでしたが、セフレにするならぴったりと思いました。

そのまま二人はファミレスで食事をしてから、ラブホに行ってセックスをすることに。
セックスそのものには満足できましたが、翌朝になって彼女からお小遣いを請求されてしまい、困惑してしまいました。
一応渡すことは渡したのですが、そのままセフレとして続けようとは思わなかったようです。
自然に付き合えるセフレを見つけようと思うと、なかなか難しいところがあるようです。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.